激安タイヤ・スタッドレスタイヤの格安通販情報・カーグッツ・くるまお役立ち情報

INDEX
お役立ち情報
愛車を売る前には確認しよう
車検費用はこのくらいで済む
車の税金はこれだけかかる
リコール情報

激安タイヤ情報
激安スタッドレスタイヤ情報館
激安格安タイヤ
にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年大荒れの開幕戦となるF1オーストラリアGPでしたが、今年は珍しく平和?に終わりました。

優勝はポールトゥウィンとなったフェラーリライコネン。
2位にはマクラーレンのアロンソ。
そして3位にはなんと!!新人のルイスハミルトン。

期待のスーパーアグリ佐藤琢磨は10位スタートでしたが12位で決勝を終えました。


決勝結果

1 6 K.ライッコネン フェラーリ 1:25'28.770 58 215.893 1
2 1 F.アロンソ マクラーレン・メルセデス 1:25'36.012 58 215.588 1
3 2 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:25'47.365 58 215.113
4 9 N.ハイドフェルド BMW 1:26'07.553 58 214.273 2
5 3 G.フィジケラ ルノー 1:26'35.239 58 213.130 4
6 5 F.マッサ フェラーリ 1:26'35.575 58 213.117 6
7 16 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:25'32.237 57 212.027 6
8 11 R.シューマッハ トヨタ 1:25'55.972 57 211.051 6
9 12 J.トゥルーリ トヨタ 1:26'03.643 57 210.737 7
10 4 H.コバライネン ルノー 1:26'04.110 57 210.718 7
11 8 R.バリチェッロ Honda 1:26'05.009 57 210.682 11
12 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1:26'09.506 57 210.498 9
13 15 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1:26'39.409 57 209.288 5
14 18 V.リウッツィ STRフェラーリ 1:26'46.364 57 209.008 14
15 7 J.バトン Honda 1:26'47.799 57 208.951 11
16 23 A.デビッドソン SUPER AGURI Honda 1:25'31.618 56 208.332 16
17 21 A.スーティル スパイカー・フェラーリ 1:26'43.931 56 205.437
--------------------------------------------------------------
17 A.ブルツ ウィリアムズ・トヨタ アクシデント 48 209.992 12
14 D.クルサード レッドブル・ルノー アクシデント 48 209.967 11
10 R.クビサ BMW ギアボックス 36 214.486 3
19 S.スピード STRフェラーリ ホイール 28 207.078 17
20 C.アルバース スパイカー・フェラーリ アクシデント 10 202.873


それにしても今年のF1はすごそうだ!!

まずは、フェラーリライコネン。
テストからの好調そのままのレースでした。
タイヤも問題なさそう。ひとつ心配なのはやはりマッサに起きたトラブルが今後ライコネンにもでないとは限らない。
でも、この時期のトラブルならまだなんとかなるだろうし、チャンピオン獲得が期待できますね。
やはり、マクラーレンの厳しい雰囲気から開放されたのがよかったのでしょうか(笑)
マッサはいいとこなくて少し株が落ちた感がありますな。ミハエル後ナンバー1をキープするにはかなりのプレッシャーなのでしょうか。。

そしてマクラーレン王者アロンソ。
まだ、マシン自体の仕上がりがいまいちとはいえ、ここぞという場面できっちりタイムをだし、順位を上げる辺りさすがですよねー。
マシンが仕上がってきたらライコネンと壮絶なバトルが期待できますよきっと。
それにしても驚いたのはチームメイトの新人ルイスハミルトン。
予選3位決勝3位。あのスタート直後の1コーナーをアウトからいくあの勇気と冷静さ!!
とてつもない新人ですねハミルトンて。落ち着いてできたという会見のコメントだったけど、最後にとはいえ、初レースで3位表彰台はうれしい。といった表情は普通の青年でいい感じでしたね~。
今年はちょっと注目してみたいと思います。

そしてスーパーアグリ佐藤琢磨。

去年とは大違いのすばらしいレースでしたねー。
まさに戦えるマシンを手にいけいけムードでしたがやはり少し完走狙いが響いたのかな。予選より2つポジションを落としてしまいました。
でも、耐久性もいいようだしスピードもあるし、次はひとつ右京さんがコメントしていた通り攻めちゃってほしいですね。
それにしても、ほんとにここまでいけるマシンを持ってこれたスーパーアグリチーム恐るべし。なにやらスパイカーがごちゃごちゃいってるようだけど、敵じゃないですよね(笑)

それにしてもホンダはどーしちゃったんですかねェ。
後半よくなってきたようですがやはりソフトタイヤとのマッチングがいまいちなのか。。
トヨタもいまいちキレがない感じ。
メーカーがもたついてるせいもあってスーパーアグリが余計によくみえたのかもしれませんね。
そう思うとほんとの戦いはやはりこれからということでしょうか。

かなり今年のF1は楽しみですね。


応援ください

激安タイヤ通販情報館
無料で廃車引き取りOK
くるま情報館




開幕を制したライコネン




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kurumablog.blog9.fc2.com/tb.php/403-c6002028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
オーストラリアGP - 決勝 フェラーリのライコネンが優勝! アロンソ2位、琢磨12位 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070318-00000012-fliv-moto 2007年のF1開幕戦はフェラーリのキミ・ライコネンがポールトゥーウィンを決めました! 2位にはしっかり前年度の王者フェ
2007/03/19(月) 00:07:22 | Golf 言いたい放題!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。