激安タイヤ・スタッドレスタイヤの格安通販情報・カーグッツ・くるまお役立ち情報

INDEX
お役立ち情報
愛車を売る前には確認しよう
車検費用はこのくらいで済む
車の税金はこれだけかかる
リコール情報

激安タイヤ情報
激安スタッドレスタイヤ情報館
激安格安タイヤ
にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




F1 1970年~1979年総集編+1980年総集編


1970年から1980年までの11年間のF1各シーズンを収録。1年ごとの総集編(60分)DVDを全11枚にわたり収めたスペシャルボックスセット。フォーミュラ・ワン黄金期を迎えた1970年代ロータスが生み出した偉大なグランドエフェクトカー。幻のブラバム・ファンカー、6輪ティレルの登場・・・そしてついにフォーミュラ・ワンが日本に上陸。幻だった、あの1980年の映像がフォーミュラ・ワン黄金期70年代とともに蘇る。

DVD11枚組/ボックスセット/2000セット限定/日本語/660分

モータースポーツDVD新作!!


ランキングにご協力くださいな
スポンサーサイト
1 F・アロンソ     ルノー          M 1:31’46.648
2 N・ハイドフェルト  ウィリアムズ・BMW   M   16.673遅れ
3 R・バリチェロ    フェラーリ        B   18.605遅れ
4 D・クルサード    レッドブル・コスワース  M   31.605遅れ
5 M・シューマッハ   フェラーリ        B   50.605遅れ
6 G・フィジケラ    ルノー          M   51.605遅れ
7 J-P・モントーヤ  マクラーレン・メルセデス M   58.605遅れ
8 J・トゥルーリ    トヨタ          M 1’11.091遅れ
9 V・リウィツィ    レッドブル・コスワース  M 1’11.529遅れ
10 J・バトン      BAR・ホンダ      M 1’35.786遅れ
11 K・ライコネン    マクラーレン・メルセデス M     1周遅れ
12 佐藤 琢磨      BAR・ホンダ      M     1周遅れ
13 J・ヴィルヌーヴ   ザウバー・ペトロナス   M     1周遅れ
14 F・マッサ      ザウバー・ペトロナス   M     1周遅れ
15 T・モンテイロ    ジョーダン・トヨタ    B     1周遅れ
16 N・カーティケヤン  ジョーダン・トヨタ    B     1周遅れ
17 C・アルバース    ミナルディ・コスワース  B     2周遅れ
18 P・フリーザッハー  ミナルディ・コスワース  B     3周遅れ
  <以上が完走>
  <以下がリタイア>                 周回
19 R・シューマッハ   トヨタ          M 33周(スピン)
20 M・ウェバー     ウィリアムズ・BMW   M  0周(アクシデント)

  ファステストラップ F・アロンソ 1'30.711 (44周目)

ドライバーポイント

1 F・アロンソ      59
2 K・ライコネン     27
2 J・トゥルーリ     27
4 N・ハイドフェルト   25
5 M・ウェーバー     18
6 G・フィジケラ     17
6 R・シューマッハ    17
8 M・シューマッハ    16
8 J-P・モントーヤ   16
10 R・バリチェロ     15
10 D・クルサード     15
12 A・ブルツ        6
13 J・ヴィルヌーヴ     5
14 P・デ・ラ・ロサ     4
15 C・クリエン       3
16 F・マッサ        2
17 V・リウィツィ      1

コンストラクターポイント

1 ルノー      76
2 マクラーレン   53
3 トヨタ      44
4 ウィリアムズ   43
5 フェラーリ    31
6 レッドブル    19
7 ザウバー      7

いやいやいやいや好調マクラーレンライコネン。まさに私生活のワールドチャンピオン(?)目指してトップ快走も虚しく、タイヤブローでノーポイントは厳しいですねー!!ライバルアロンソはきっちり10ポイント獲得。いよいよ2005年王者獲得も時間の問題か!?
それにしても、ライコネンのオンボード映像怖くて見ていられませんでした。右のフロントタイヤの動きがだんだん大きくなって、ハンドルやフロントウイングがブレだしてマシン自体にもバイブレーションがでていたのがはっきりわかりましたもんね。
うわ~タイヤ吹っ飛びそーだなぁ~なんてどきどきでしたがやはり飛びましたな。危なかったのは前で減速してターンイン始めていたバトン。危うく弾き飛ばされるとこだったもんなぁ・・。
タイヤ交換禁止のルール。レースは面白くなるけど果たして安全性からいくとやはりどーなのかなって感じだよねェ。
しかしあんな振動してるタイヤ見ながらアクセル開けるライコネンてすげーなぁ・・勇気あるよね(笑)

バリチェロが3位!!ジャントッドが祝福とかきたけどバリチェロ苦笑いでしたね。報道によるとどーやら先のモナコGPのシューマッハの追い越しに関してとうとうキレたみたいですな。
「もーやってらんない。ぼくは遠慮なく勝つ」とのコメント。フェラーリ離脱濃厚の報道後の3位。意地ですな。
移籍先はBARかウイリアムズとか。セナの同郷の後輩は少し優しすぎたんでしょうか。ナンバー2に徹してフェラーリに貢献してきて優勝も譲ったこともあったバリチェロ。感情をストレートに表現するルーベンスはフェラーリ入りしてからなんか変わっちゃったよね。暗い表情もしばしば。。
契約切れて自由の身になったら新しいチームでがんばってほしいですね。表彰台であの大喜びする姿が見たいですもんね。
アロンソもぱるくフェルメの止めたマシンのタイヤバシバシ叩いて喜んでたもんね。あーゆー姿はとてもすがすがしくていいですね。

渋いとこで4位にクルサードがきてますね。なんだかんだいっていいところ走ってんですよねー。
トヨタ勢はちと不運だったかな。琢磨も完走できたし次回に向けデータも取れたし今度こそいいとこくるでしょう。

次回はカナダGP。生中継は朝までやるんだよねェ。
気合で見るか!!

サポートレースのGP2吉本選手は予選7番手。第1レース11位。第2レースはスタートできず。。。
またしてもトラブルがでてしまったようです。モナコでは決勝すら出れずここでもトラブル。ドライバーは忍耐のみですな。
吉本選手は03年のF4東日本選手権に出場していた三浦健光選手の応援にきて頂いたときに拝見しました。
当事は全日本F3ドライバーだったのかな。あの金髪の選手がまさかGP2にいくとは思わず、あの時サインくらいもらえばなぁ。。と後悔しているこのごろ・・。今後も動向が気になります。がんばってほしいですね。
ランキングにご協力くださいな
1 N・ハイドフェルト  ウィリアムズ・BMW   M 1’30.081    
2 K・ライコネン    マクラーレン・メルセデス M 1’30.197 0.116
3 M・ウェバー     ウィリアムズ・BMW   M 1’30.368 0.287
4 J・トゥルーリ    トヨタ          M 1’30.700 0.619
5 J-P・モントーヤ  マクラーレン・メルセデス M 1’30.890 0.809
6 F・アロンソ     ルノー          M 1’31.056 0.975
7 R・バリチェロ    フェラーリ        B 1’31.249 1.168
8 R・シューマッハ   トヨタ          M 1’31.392 1.311
9 G・フィジケラ    ルノー          M 1’31.566 1.485
10 M・シューマッハ   フェラーリ        B 1’31.585 1.504
11 F・マッサ      ザウバー・ペトロナス   M 1’32.205 2.124
12 D・クルサード    レッドブル・コスワース  M 1’32.553 2.472
13 J・バトン      BAR・ホンダ      M 1’32.594 2.513
14 V・リウィツィ    レッドブル・コスワース  M 1’32.642 2.561
15 J・ヴィルヌーヴ   ザウバー・ペトロナス   M 1’32.891 2.810
16 佐藤 琢磨      BAR・ホンダ      M 1’32.926 2.845
17 T・モンテイロ    ジョーダン・トヨタ    B 1’35.047 4.966
18 P・フリーザッハー  ミナルディ・コスワース  B 1’35.954 5.873
19 N・カーティケヤン  ジョーダン・トヨタ    B 1’36.192 6.111
20 C・アルバース    ミナルディ・コスワース  B 1’36.239 6.158


それにしてもまた予選方式が変わるなんてどーかとおもうけどねェ。BAR勢はエンジンは5週間?ほっぽといたもので闘うことになるし厳しい「いじめ」が続くなか琢磨選手はフリー4回目で7番手まできたようですな。F1撤退も考えたというHONDA。ここは一発!!FIAに魅せてやってほしいです!!世界のHONDAの意地とモータースポーツスピリッツを!!
マクラーレンは好調を維持したまま、BMWがきましたね。しかもニックとは驚き。
ルノーアロンソ、少し沈んだ?でもまぁまぁ安定してるからポイント獲得は間違いないだろうけど、ウカウカしてられないかな。
しかし、予選10位!?シューマッハはどーしちゃったの?モナコで相棒ルーベンスと弟ラルフにまでいちゃもんつけられる始末だし。そろそろ焦りがでてきたのかねェ。。。
いずれにしろ、BARHONDAが帰ってきたヨーロッパGP。
後方からでもガンガンぶち抜いてやれ~~~~~~!!
あるある大辞典をみていたら肩こり解消法を紹介してました。
どーも肩こりには3タイプあり、背中からこるタイプ。腕からこるタイプ。首からこるタイプがあるそうです。
詳しくはあるある大辞典のサイトで紹介されると思いますのでそちらで。。
ウケたのは背中からこるタイプの人の肩こり解消には志村けんの「へんなおじさん♪へんなおじさん♪・・だっふんだ」の動きがいいということ(笑)腕を上げたり回したりする動きが肩甲骨の内側を刺激し血流の流れがよくなりこりが解消されるそうです。
長時間運転すると、肩こりがひどく背中に痛みが起るぼくは背中こりタイプのようです。運転するひとやパソコンで疲れた人はぜひ「へんなおじさん体操」をしてみましょう。
ただ、夜中外で体操しておまわりさんに職務質問されてもしりません(笑
ランキングにご協力くださいな
朝、バイクで信号待ちしていると、対向車線に原付きを確認。ところがその原付きが全く減速する気配がない。このまま赤信号無視したらくるまにはねられるんだろーなー。。吹っ飛ぶんだろーなー。。いてーだろーなー。。と思ってたら、横からくるまがすーっとでてきて、「がーん!!!」とまさに思った通りに吹っ飛んだ!!しかも、跳ね飛ばされた原付きがくるくると火花ちらしながら信号待ちしていたぼくのとこへ向かってきたから大慌て!!
あわあわあわあわあわ!!!!と慌てて反対車線にバイクを発進。間一髪逃れられました。
しかし、なんで事故の時ってすんげースローモーションで見えるんでしょうかね(汗
運転してた少年は、こけた瞬間に被っていた半ヘルメットが、ぽーん!!と飛び、頭をダイレクトに打つ瞬間もみえた。相手のくるまは行ってしまったし、目の前には少年が倒れてるし参ったなー。。と仕方ないので少年に声をかける。「信号無視すんなよおめー!!頭ぶつけたから絶対動くなよ」と指示。そして横にいたぼーっとした知らない人に救急呼べ!!と指示。さらには後続の交通整理となんで朝からこんなとこで働いてんだ俺!?と悩む。。そのうち、救急電話しましたというさっきの人がきたので、「相手のくるま逃げたみたいだけど、あんた見た?」ときくと、「いや、ぼくがぶつかった相手です」と動揺してるのかワナワナと答えた。「あ、そうか。んじゃあとよろしくね」と、通勤途中だし早急に立ち去る事に。

しかし大バカだよ!!信号無視でヘルメットのあご紐も締めてないんだもん。ぼーっとしてる少年に「おまえ公道なめてると死んじゃうぞ」というとなんか訳わかんないこと言ってたなぁ。

交通ルールは大事だよ。




 
  
「宮城県多賀城市で、横断歩道を渡っていた仙台育英学園高の生徒の列に、酒を飲んで赤信号を無視したRV車が突っ込み、一年生三人が死亡、生徒ら二十二人が重軽傷を負った事故で、業務上過失致死の現行犯で逮捕された容疑者(26)が、三軒の店で約七時間にわたり飲酒をした直後にRV車を運転して、事故を起こしていたことが二十三日、塩釜署の調べで分かった。」

こんな悲惨な事故の報道があとを絶たない。
調べでは7時間飲酒して居眠り運転してたとか。。
7時間飲んで車運転?できるわけないじゃない!!


道路交通法では飲酒に関わる罰則は以下の通り

酒酔い運転
3年以下の懲役または50万円以下の罰金

酒気帯び運転
1年以下の懲役または30万円以下の罰金

ひき逃げ
5年以下の懲役または50万円以下の罰金


刑法では飲酒運転で事故を起こし、人を死亡させた場合 危険運転致死=1年以上15年以下の懲役とある。

これでは甘いんじゃないですか。普通に歩いてて判断能力のなくなった人間が運転する何トンのある鉄の塊に潰されてたかだか数十万の罰金と数年の懲役!?
こんなベロベロに酒飲んで運転するなんてやはり殺人行為ですよ。被害者はどう思うのでしょう。。

どうも日本の刑法は甘い気がする。これでは抑止力に欠けると思う。被害者を保護する意味でもこーいった悪質ドライバーは厳罰にしてもらいたいね。だって被害にあった人はなにも悪くないんですよ。事故で命を落とすなんて絶対あってはならん!!
と、ニュースを見るたび思うのでした。。

ランキングにご協力くださいな





中央サーキット藤野で行なわれた1時間耐久レースに久々の蕎麦レーシングで参加してきました。今回はさらに久々のセナコスプレでの参加。最近はちょびっと(??)肥えた体に気合を入れロスマンズコスプレスーツで参加しました。それにしてもレーシングスーツ着るの何年振りでしょう。。。(汗
それはさておき、初コース初レースの中、2位表彰台ゲットできました。それにしても肥えた体にはかなりきついコースレイアウト。特に直線からの高速左コーナーはこたえる。
右京、セナ、アフロの3人体制で挑んだこのレース。持ち時間は人数割りで20分。そんなの無理じゃいと、ゴネる私。結果、アフロメットのサンバ氏が限界まで走らされることに(笑
なので、表彰台では労をねぎらって不意打ちでシャンパンを頭から全部かけてあげました。みなさん楽しんでいただけましたか?(爆
それにしても、1位のチームは速い!!速すぎる!!
しかし、コスプレチームはこのままでは負けませんぞ~。


レンタルカート場案内
ランキングにご協力くださいな





平均スピード(1位) 148.502 km/h

1 K・ライコネン    マクラーレン・メルセデス M 1:45’15.556
2 N・ハイドフェルト  ウィリアムズ・BMW   M   13.877遅れ
3 M・ウェバー     ウィリアムズ・BMW   M   18.484遅れ
4 F・アロンソ     ルノー          M   36.487遅れ
5 J-P・モントーヤ  マクラーレン・メルセデス M   36.647遅れ
6 R・シューマッハ   トヨタ          M   37.177遅れ
7 M・シューマッハ   フェラーリ        B   37.223遅れ
8 R・バリチェロ    フェラーリ        B   37.570遅れ
9 F・マッサ      ザウバー・ペトロナス   M     1周遅れ
10 J・トゥルーリ    トヨタ          M     1周遅れ
11 J・ヴィルヌーヴ   ザウバー・ペトロナス   M     1周遅れ
12 G・フィジケラ    ルノー          M     1周遅れ
13 T・モンテイロ    ジョーダン・トヨタ    B     3周遅れ
14 C・アルバース    ミナルディ・コスワース  B     5周遅れ
  <以上が完走>
  <以下がリタイア>                 周回
  V・リウィツィ    レッドブル・コスワース  M 13周(メカニカル)
  P・フリーザッハー  ミナルディ・コスワース  B 13周(アクシデント)
  D・クルサード    レッドブル・コスワース  M 13周(アクシデント)
  N・カーティケヤン  ジョーダン・トヨタ    B 13周(メカニカル)

ファステストラップ M・シューマッハ 1'15.842 (40周目)

第6戦 モナコGP 終了後 チャンピオンシップポイント


1 F・アロンソ      49
2 K・ライコネン     27
3 J・トゥルーリ     26
4 M・ウェーバー     18
5 N・ハイドフェルト   17
5 R・シューマッハ    17
7 G・フィジケラ     14
7 J-P・モントーヤ   14
9 M・シューマッハ    12
10 D・クルサード     10
11 R・バリチェロ      9
12 A・ブルツ        6
13 J・ヴィルヌーヴ     5
14 P・デ・ラ・ロサ     4
15 C・クリエン       3
16 F・マッサ        2
17 V・リウィツィ      1


□コンストラクター

1 ルノー      63
2 マクラーレン   51
3 トヨタ      43
4 ウィリアムズ   35
5 フェラーリ    21
6 レッドブル    14
7 ザウバー      7




F1モナコGP。ライコネンがポールトゥウインとなりマクラーレン復活ですね。ウイリアムズ2台の表彰台ゲットか。
トヨタも魅せましたね!!レッドブルクルサードはもったいなかったなぁ・・。
それにしてもフェラーリはやばいですねェ。。
ファーステスト取ってるが、歯車が完璧に狂ってしまったみたいだ。シューのやややけくそ気味なコメントがすべてか・・。
今後チャンピオンシップは、ルノー、マクラーレン、トヨタで争われるのかな。
まぁ新しいチャンピオンもそろそろ出てもいいよね。ミハエルさん稼ぎすぎだ(笑

それにしても残念なのはサポートレースのGP2吉本選手。
マシントラブルでまったく走れずじまい・・。規則で決勝にもでれず伝統もモナコを走ることできないなんてその場にいるドライバーとしたらこんな辛いことはないでしょうねェ。。
今シーズン、GP2参戦しテストでは絶好調で非常に期待できるドライバーなのに、マシントラブルで戦線離脱もしばしば。
チームはどーにかマシンを安定させてほしいですね。

ランキングにご協力くださいな
いよいよ2005年F1GPも伝統のモナコへとやってきました。
市街地コースはテクニカルな部分は残し若干変更されたようだが、ドライバーのテクニックが見ものですな。

フリー2回目

1. 5 F.アロンソ ルノー M 1'15"835 158.555 Km/h
2. 35 A.ブルツ マクラーレン メルセデス M 1'15"912 + 0'00"077
3. 14 D.クルサード レッドブル コスワース M 1'16"184 + 0'00"349
4. 6 G.フィジケラ ルノー M 1'16"519 + 0'00"684
5. 10 J-P.モントーヤ マクラーレン メルセデス M 1'16"534 + 0'00"699
6. 9 K.ライコネン マクラーレン メルセデス M 1'16"558 + 0'00"723
7. 15 V.リウッツィ レッドブル コスワース M 1'16"640 + 0'00"805
8. 12 F.マッサ ザウバー ペトロナス M 1'16"914 + 0'01"079
9. 17 R.シューマッハ トヨタ M 1'16"989 + 0'01"154
10. 38 R.ゾンタ トヨタ M 1'17"046 + 0'01"211
11. 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1'17"170 + 0'01"335
12. 7 M.ウェバー ウィリアムズ BMW M 1'17"422 + 0'01"587
13. 16 J.トゥルーリ トヨタ M 1'17"487 + 0'01"652
14. 11 J.ビルヌーブ ザウバー ペトロナス M 1'17"506 + 0'01"671
15. 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1'17"663 + 0'01"828
16. 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ BMW M 1'17"667 + 0'01"832
17. 37 C.クリエン レッドブル コスワース M 1'18"815 + 0'02"980
18. 39 R.ドーンボス ジョーダン トヨタ B 1'19"526 + 0'03"691
19. 20 P.フリーザッハー ミナルディ コスワース B 1'19"587 + 0'03"752
20. 18 T.モンテイロ ジョーダン トヨタ B 1'20"284 + 0'04"449
21. 19 N.カーティケヤン ジョーダン トヨタ B 1'21"879 + 0'06"044
22. 21 C.アルバース

さて、フリーで好調なのはやはりルノーアロンソ。ここはタイトル獲得に向けて重要になります。マクラーレンも仕上がりいいようですが、ここはレッドブルクルサードがきてますねー。これは意外!!
トヨタはちと沈み気味ですな。マシンは完璧との話もあったんだが・・。
フェーラーリは一体どーなってしまったんでしょうか。。シューにおいてはもはや自力でタイトル獲得は厳しいとか。BSもここは辛いですなぁ。。
予選順位がものをいうモナコ。今年は一体どーなるかな。

それにしてもBAR琢磨いないのはつまらんね。
でも、日の丸三銃士!!GP2吉本、F3平手、Fルノー福田選手建がモナコを走ります。
日本人としてこちらに期待しましょう!!

ランキングにご協力くださいな
世の中不思議なドライバーもいるもんです。。首都高速でそこそこ流れてる時、なにやらバタバタンとうるさい車が後ろから追い抜いてきた。なんじゃありゃ!?とみると、どこぞの営業さんが運転する社名の入ったライトバン。時速60キロちょい、我が目を疑った・・・。

おいおい後輪のタイヤがはずれそうだよ


そーなんです。パンクしてるのに強引に走らせてるせいかタイヤが外れかかっているんです。14インチのてっちんホイルのリムが時たま路面のこすれ火花が散るほど。
おいおい、まさか気がついてないわけねーよな・・・と顔みると、時折後ろを気にはしてるようでした。
でも、まわりと同じ速度で走るもんだから、タイヤがとれそーなんですよ。
それよか、あんなにドカドカしてたら運転しずらいだろう!?
まぁそのうち退避所に止まるだろうと様子みてると、よーやく現れた待避所通過・・。んじゃ次の出口で降りるんだろう。。と思いきやこれも通過。んじゃ次の退避で・・通過。。。
んじゃ出口で・・通過。。。。。

そのうちこちらが降りるとこまできてしまったのでその後そのパンクマンはどこまで行ったかはさだかではない。

それにしても恐ろしい。。たぶんあのままいったら潰れたタイヤは外れてホイルだけになってスピンしちゃうだろうな。
スペアに交換するとか考えないのかなぁ。。
あ~怖い怖い





ランキングにご協力くださいな



月9ドラマエンジン・・。なかなか面白いですねいろんな意味で(笑)前回のシーンでは、ライバル(?)と復帰をかけてレースするとかでF3マシンがグリッドにつく・・って、えーーーー!?

はじめてみたF3マシンが横一列に並んでスタートするとこ(爆)ドラマって素敵♪
しかし、あのライバルドライバーはムカつくねー!!あんなスタッフにいやみな奴いるかなぁ・・。スタッフに嫌われたらドライバーは安心して乗れるマシン作ってもらえないのにねェ。
でも、キムタクのセッティングみて驚愕してるのが笑えた。
さぁこのあとの展開はどーなるのかな。文句いいつつ完璧ハマってしまったらしい。。(笑

ランキングにご協力くださいな
背に腹はかえられないというこなのでしょうか。。

恫喝ともとれるFIAからの声明をうけBARHONDAは態度を180度変えFIAの判断を100%受け入れると発表。。

ルール解釈の違いから問題となった今回のBAR問題。
これではチーム側がルールに則ったマシンで闘っていたというのが嘘であったと認めるということなのか!?
グランプリの車検の時点で問題ないと判断したFIAは検査員が見落としたのが問題とでもいうのだろうか・・。
結局はなにか大きな力にねじ伏せられてしまったようでしっくりきませんなぁ。。
ともかく、参加する側としては巨大なビジネスとなってるわけだし、サーキットにいられるようにしなくてはいけない訳もあるでしょうけどなんだかね。。。。

ともかく次のモナコにもBAR琢磨がいないのは残念ですなぁ。




カートとは、小さなF1と呼ばれるほどハードな乗り物で気軽にレーサー気分を味わえます。まぁレーシングカートなんていったらレーサーが練習に使うほどですけどきついけど、レンタルカートは時速70キロくらいでパワーも押さえてあるから女性でも気軽に走れるのです。とはいえ、視線は低いしよそれなりにGもかかるから意外とハードなんだな。

そんなレンタルカート場では、耐久レースや貸切などやってます。今回は神奈川は藤野にあるレンタルカート場で行なわれたスプリントレースに参加してみました。

ここははじめてのコースでカートも初めてのカートで周りは常連さんばかりで嫌な予感・・。アフロメットのおばかなチームメイトにたぶらかされ参加となったのですが、前途多難。。

まずは、コースを覚えなくてはいけないが覚える時間はほんの少し。フリー走行の数分でレイアウトやブレーキングポイント、ベストなラインを見つけなくてはいけません。しかし、プロじゃないんだからそんな簡単に覚えらんねーよーと半泣き(TT
あたふたと走る事数分・・なんとか覚えてタイムアタック開始!!しかし、これがまたきつい。なんと一周のみの計測。コースわかんないわタイヤは冷え冷えだわでTTは24人中16位(笑)クラスは4クラスの中の3番目クラスの決定。そして迎えた予選一回目。くじ引きでグリット&カートを決める。4番手スタートとなったぼくはグリットにつく。「よーし、全部ぶち抜いてやる~」と気合をいれスタート!!ポールは女性。そのすぐ後ろについたが2。3位の選手に行く手を塞がれる。周回が12周しかないので序盤でなんとか前にでたかったが、これがなかなか出れない!!コーナーで差を詰めるのだがドラえもん体型が災いするのかストレートで引き離される・・(笑)。しかしミスった1台をぶち抜き結局予選1回目はひとつ上がって3位でゴール!!迎えた予選2回目、3番手スタートとなりグリットはポールのすぐ後ろにつく。しかし2番手の選手とサイドバイサイドの攻防戦が続く・・。しかし中盤、ミスッた2番手選手のインを差し2番手に浮上!!が、最終コーナー立ち上がりで並ばれ3番手に沈み3番フィニッシュ・・悔しい!!!!

そして迎えた決勝。くっそー!!もう同じミスしねーぞー!!コースも覚えたし。。と気合をいれスタート。ポールの女性のすぐ後ろに付き2番手の進路を奪う。サイドバイサイドで高速コーナーに入るがブレーキを遅らせ引かなかったのがよかったのか序盤で見事2番手浮上!!そして後続を気にしつつポールスタートの女性を追う。差はグンとつまり苦手とみられる最終コーナーで一気に差をつめてインを刺す!!並んで立ち上がりストレートに入るがいかんせんドラえもんなわたし。加速がわりーーの(爆)
前傾姿勢で逃げる女性!!追うわたし!!勝負はインフィールドで決めました。S字の切り替えしでインを奪いみごとトップ奪取!その後は必死で逃げて優勝♪クラス優勝で表彰となりました。いや~楽しかったね~。みんなタイムが僅差だから抜きつ抜かれつがあってレーサー気分を堪能できましたよ。
賞品もブリジストンキャップやいろいろもらえたし疲れたけど、非常に楽しい一日でした。

レンタルカートは年齢も性別も関係なく気軽に楽しめます。
興味ある方は是非参加してみてくださいねー。

newtokyo16s.jpg












このページでは、アメリカンホーム・ダイレクトの自動車保険の
お見積り・ご契約ができます。インターネットでご契約いただく
と、保険料が約8%OFFになります。是非ご利用ください。



BAR問題は政治的な問題をバックにもはやスポーツとはいえない状況となってきた気がする。。。

重要なのは、2007年に期限が切れる“コンコルド協定”だ。。
http://www.auto-web.co.jp/F1/05050601.html参照

規則違反とはいえ2戦参戦停止の厳罰。その上今後のBAR側の対応次第では全戦停止。F1から追放も辞さない構え。厳しい処罰の裏にはコンコルド協定に基ずく嫌がらせ、つまりタイミングよくBARがヤリ玉に上げられてしまった格好だ。
記事ではGPWC(ルノー、BMW、メルセデス、トヨタ、ホンダ)に反旗をひるがえしコンコンルド協定にサインしたフェラーリは分配金を増額されたのではないかとある。もちろん非公開な内容では知る余地もないが、参加側は公平なかつクリアーな運営を求めていたのにこれじゃなんの意味もたない。ましてそのGPWCのホンダに違反があったとしてここぞとばかりのこの処罰。

もはや、金まみれのF1など視聴者や観客はうんざりしている。
F1はモータースポーツの最高峰。ならばもっと紳士的に、そして魅力ある「スポーツ」であってもらいたい。
巨額の富を得るためだけの道具であってはいけないんだ。

あの伝説のドライバーアイルトン・セナは94年念願のウイリアムズに移籍するときこういったそうです。

「お金ななどいらない。ウイリアムズのマシンにのりたいんだ」と。

こんなゴタゴタしてるF1だったらもう見たくなくなりますよねみなさん。


東京都は「環境確保条例」に基ついて、適合しないくるまには10%ほど課税・・・とある。自動車税のグリーン化についてはこちら
ディーゼル車だけかと思っていたら2段階規制とかでガソリン車も対象になるんだっけ!!そしてぼくのくるまは見事適合(R32スカイラインgtsーt)延滞もしてないのに高い納付額にびっくり!!まいったなぁ。。。
これじゃ旧車ファンのみなさんなんて大変じゃないのさ。
しかも、なにこの2段階規制の対応って!?

1 ガソリン車、CNG車、LPG車などディーゼル以外のものに買い換える

2 酸化触媒付きの最新規制適合車などに買い換える。
3 八都市指定のPM減少装置を装着する。

買い替えろだの装着しろだのってビンボーなわたしには酷な話。
結局びんぼー人は車など乗るなということかいっ!!
。。。。とは言え、こうでもしなきゃ空気は汚染され続けてしまうし仕方ないんだよねェ・・・。
廃車するかといってもリサイクル法もスタートしてるし、ユーザーには厳しくなる一方ですなぁ(-。-

無料で廃車が可能です!今すぐクリック!

自動車保険お得な見積もりインズウェブ

★netloan(ネットローン)オートローン、個人売買ローンなどnetloanはこちら★


BARHONDA琢磨のいないGPがおわりましたね~。
と、いいつつまだよくビデオを見ていないのでなんともいえないが、予選は結局トヨタは下がってしまったようですねェ。。
地上波で予選2回目の放送はないのが悔しい。決勝みてびっくりグリットでした。
マクラーレンがついに復活ですか?ライコネンにはスローダウンさせるしつけが必要だというロンデニスのコメントはウケた(笑)トヨタはW入賞のようですねー!!TOYOTAは業績も上がったようだしこれもF1効果か!?
それにしても、フェラーリどーしたーーーーー!!
左フロント&リヤのパンク!?こりゃBS辛いとこですねー。
シューマッハランク7位。トップのアロンソと34ポイント差。いよいよシューマッハ帝国が崩壊する時期がきましたかー!
まぁなにがあるかわからいのがF1だからこのポイント差ならひっくりかえしちゃうかなぁ。。
それにしても、ホンダ琢磨が出ないというのはいまいち盛り上がりに欠けますな。。次は伝統のモナコ。琢磨はでないけど、GP2の日本人吉本大樹選手が出場します。琢磨いない今がんばってほしいですね。

吉本大樹公式サイト

モナコといえばアイルトン・セナ 限定ブロンズ像
GP2をご存知かな。F1の前座として開催されているカテゴリー。国際F3000からスイッチしたGP2戦選手権はバーレーンを除く全てのF1選手権サポートレースとして開催されます。溝つきタイヤにカーボンブレーキと見た目はF1とまったく変わりない。
F1に一番近いこのカテゴリーには多くのドライバーがエントリーしていて、ピケやケケなどF1ドライバー二世の名前もあがる。そこへ今季日本人吉本大樹選手が殴りこみ、テストで好タイムを記録してシーズン開幕。しかし好タイムを出しつつも、マシンの不調が相次ぎ期待のリザルトがまだないが、マシンが完璧ならば非常に期待できるレーサーです。
全日本F3やマカオF3に参戦しバンドでボーカルも担当。
まさにモテる要素を全て兼ねそろえた注目選手ですね。

それにしても、ヨーロッパ中心に(F1と併催)開催されるGP2。世界のモータースポーツ界では大注目のカテゴリーなのに日本では扱いがまったくもって小さい!!某F1を扱う新聞社のみが扱うくらいでF1中継でFIAより表彰された「藤てれ美」ですら報道がない。F1の前座で走ってるんだから放送してくれてもいいじゃないねー。F1に一番近いカテゴリーに期待の日本人が闘ってるんだからもう少し扱ってくれてもいいのになぁ・・。
まぁ琢磨選手でもF1にいける!!って頃から報道はじめたくらいだし、日本のモータースポーツの認知度というか扱いはひどいもんがありますよね。世界一の車社会というのに何故なんでしょうね。
国内でも世界でも頑張ってるレーサー達を「スポーツ選手」としてもっとちゃんと扱ってほしいですね。

クルマとバイクの専門書店「リンドバーグ」

ヤーノ暫定ポール!!素晴らしいですねー!!ややエンジンに不安があったようですが、実際向かい風でややスピード落ちていたみたいですが好調のよーですね。2回目もいけることを願いましょう。それにしてもやはり佐藤琢磨&BARHONDAがいなのは痛い。。日本人がいないというだけでやはりGPに期待感が薄れる。ポイントもすべて剥奪とかで今季のBARのモチュベーションが下がらなければいいが。。。。
それにしても、今回の騒ぎは不透明なレギュレーションとチームに振り回された感のあるドライバーが一番悲惨だよね。
報道では、以前からFIAに目付けられていたようだが、入賞と同時に検査されたとかでFIAの動きとして不自然だよね。
やはりHONDAいじめ!?疑惑があった時点で検査指導すればいいのになんでポイント取った時点でタンクの中までしらべたんですかね。レース前車検で調べたらいいじゃないかと思うのは私だけ~?
昨年は確かウイングのパーツにいちゃもんつけたりしてたな~。
これがフェラーリだとどーなのかしらね。

とにかく明確なルール説明を徹底してほしいね。

なんと!無料で廃車が可能です!今すぐクリック!


>FIAの車検委員はレース後、マシンを3度にわたり検査した。最後に予備タンク(ポンプで燃料を吸い上げるためのタンク)内の燃料を抜いて計量したところ、規定の600キロに約5キロ足りなかった。BARは、予備タンクに燃料がないとマシンが動かないため、車両の一部であると主張。車検委員も認めたが、FIA上層部が不服として控訴していた。報道によると、FIAは予備タンクを「不正を行うための隠しタンク」とみている。
 今回の裁定で、チームはサンマリノGPでの成績(バトン3位、佐藤5位)も取り消される。BARは一貫して無実を主張。スペインGP(6日開幕)に出られるよう、法的機関に仮処分申請をする方針だ。。

ん~きびすぃ~ね~。。またしても曖昧なレギュレーションの解釈でもめそうですね。規定には乾燥重量で600キロ・・であって果たして燃料やラジエター液、エンジンオイル等の潤滑液をどう解釈するかが焦点となるんだろうけど、予備タンクっつーのがまずいのかなぁ。。
燃料をバラストとして利用するのは昔からの通例らしいけど、今回がはじめての摘発となってしまうのかな。。
ともあれ、2戦出場禁止は痛いな。せっかく上がり調子だったのにF1(琢磨)ファンにはがっかりなシーズンになりそうですなぁ・・。






バッテリーあがり、キー閉じ込み、パンクの3大トラブルにも安心。
ソニー損保なら無料ロードサービス付いてます。

一体どーなってるんですか~~~~!?出場停止もありうるなんて!!これは先のサンマリノGPでバトンのマシンが重量違反とかで審議になってるらしい。。最悪今季出場停止にもなるような重大な問題らしいね。なにやら燃料タンクの中に予備タンクがついてて検査で重量をごまかしていたとかいないとか。。
思えばエンジン交換のレギュレーションを逆手にとって、完走しないでレースを終えたり今季のBARHONDAはどーしちゃったんだろう。。レーシングスピリットが無くなってしまったのか?勝つ為ならなにしてもいいのか~?それじゃ今騒ぎになってる電車屋さんみたいじゃないか!!
ま、それはさておき、是非ともクリアーな状態で闘って勝ってほしいね。本田宗一郎さんに恥ずかしくないように。。
セナ2枚組DVDを買ってみた。まだ見てないけど。。
あれから10年も経つのにいまだこうして人気は衰えない。まさにレーサーを超えたスターだったんだなと改めて思い知らされる。。キッズカートという子供のカートレースがあるがそこに参加してる子供たちはセナを知らない。しかしセナヘル被った子供らがたくさんいるのは親がセナ時代なんだね。時は流れているけどセナは確実に語りつがれているんですね。
《DVD》SENNA セナに捧ぐ ~伝説になった音速の貴公子~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。