激安タイヤ・スタッドレスタイヤの格安通販情報・カーグッツ・くるまお役立ち情報

INDEX
お役立ち情報
愛車を売る前には確認しよう
車検費用はこのくらいで済む
車の税金はこれだけかかる
リコール情報

激安タイヤ情報
激安スタッドレスタイヤ情報館
激安格安タイヤ
にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モナコGP決勝 バトンがモナコ初優勝、ライコネンが3位


決勝

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 J・バトン ブラウンGP 1:40:44.282
2 R・バリチェロ ブラウンGP + 7.666
3 K・ライコネン フェラーリ + 13.442
4 F・マッサ フェラーリ + 15.110
5 M・ウェーバー レッドブル + 15.730
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 33.586
7 F・アロンソ ルノー + 37.839
8 S・ボーデ トロロッソ + 1:03.142
9 G・フィジケラ フォースインディア + 1:05.040
10 T・グロック トヨタ + 1 laps
11 N・ハイドフェルド BMW + 1 laps
12 L・ハミルトン マクラーレン + 1 laps
13 J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
14 A・スーティル フォースインディア + 1 laps
Did not finish
15 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 2 laps
16 H・コヴァライネン マクラーレン + 26 laps
17 R・クビサ BMW + 48 laps
18 S・ヴェッテル レッドブル + 62 laps
19 N・ピケ・ジュニア ルノー + 66 laps
20 S・ブエミ トロロッソ + 68 laps
[モナコGP決勝 バトンがモナコ初優勝、ライコネンが3位]の続きを読む
スポンサーサイト
公式予選

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 J・バトン ブラウンGP 1:14.902
2 K・ライコネン フェラーリ 1:14.927
3 R・バリチェロ ブラウンGP 1:15.077
4 S・ヴェッテル レッドブル 1:15.271
5 F・マッサ フェラーリ 1:15.437
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:15.455
7 H・コヴァライネン マクラーレン 1:15.516
8 M・ウェーバー レッドブル 1:15.653
9 F・アロンソ ルノー 1:16.009
10 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:17.344

11 S・ブエミ トロロッソ 1:15.833
12 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:15.837
13 G・フィジケラ フォースインディア 1:16.146
14 S・ボーデ トロロッソ 1:16.281
15 A・スーティル フォースインディア 1:16.545

16 L・ハミルトン マクラーレン 1:16.264
17 N・ハイドフェルド BMW 1:16.264
18 R・クビサ BMW 1:16.405
19 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.548
20 T・グロック トヨタ 1:16.788


やはりバトンがポールきました。

安定したマシンは本物ということですな。

驚いたのはフェラーリライコネンが2番手に。フェラーリ復活か!?

中嶋一貴も10位と今期はじめてのQ3Q3進出。ニコは6番手と好調。

しかしトヨタはどーしたんでしょうか・・

この位置はどう考えてもないよねえ。

タイヤか・・

空力か・・

あまりにもスピードなさすぎ。このまま沈んでしまうのか!!!

決勝に期待しましょう。



あなたが探してるアルミホイール・タイヤが激安でみつかる!!


くるまランキング参戦中!!現在○位キープ!!
↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへにほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

2009 F1GPモナコ

いよいよF12009年のモナコGPがはじまりました。

今年はマシン規制がガラッとかわって勢力図がかわりましたねえ。

まさかのブラウンGPの独走状態

元HONDA陣営はどんな気分でみてるのでしょうか・・

レッドブルの好調もここモナコで本気度がわかるでしょう。

レギュレーションの解釈でもめてたデフューザーがここへきて容認されたとこで

各チームあれこれとかえてきたが、やはりブラウンGPのマシンの完成度の高さ

に勝てるマシンはないんじゃないかな。

ここはとにかくハイダウンフォースが必要。

スリックタイヤになってメカニカルグリップが得られるとはいえ空力バランスが崩れたら

一瞬で壁にヒットですもんね。

とにかく目が離せないGPになりそうですな。



モナコGP

木曜フリー走行1

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 R・バリチェロ ブラウンGP 1:17.189 25
2 F・マッサ フェラーリ 1:17.499 30
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:17.578 25
4 H・コヴァライネン マクラーレン 1:17.686 29
5 K・ライコネン フェラーリ 1:17.839 29
6 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:18.000 29
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:18.024 27
8 J・バトン ブラウンGP 1:18.080 27
9 F・アロンソ ルノー 1:18.283 30
10 M・ウェーバー レッドブル 1:18.348 22
11 S・ブエミ トロロッソ 1:18.695 36
12 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:19.204 36
13 S・ヴェッテル レッドブル 1:19.233 16
14 S・ボーデ トロロッソ 1:19.255 31
15 G・フィジケラ フォースインディア 1:19.534 28
16 R・クビサ BMW 1:19.255 31
17 N・ハイドフェルド BMW 1:19.579 23
18 A・スーティル フォースインディア 1:19.600 24
19 T・グロック トヨタ 1:19.698 24
20 J・トゥルーリ トヨタ 1:19.831 28



木曜フリー走行2

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:15.243 45
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:15.445 35
3 R・バリチェロ ブラウンGP 1:15.590 41
4 J・バトン ブラウンGP 1:15.774 36
5 F・マッサ フェラーリ 1:15.832 42
6 S・ヴェッテル レッドブル 1:15.847 33
7 H・コヴァライネン マクラーレン 1:15.984 45
8 K・ライコネン フェラーリ 1:15.985 43
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:16.260 43
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:16.286 43
11 F・アロンソ ルノー 1:16.552 39
12 M・ウェーバー レッドブル 1:16.579 27
13 A・スーティル フォースインディア 1:16.675 38
14 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.915 43
15 S・ブエミ トロロッソ 1:16.983 48
16 S・ボーデ トロロッソ 1:17.052 48
17 N・ハイドフェルド BMW 1:17.109 40
18 T・グロック トヨタ 1:17.207 45
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:17.504 45
20 R・クビサ BMW no time 2


ニコロズベルグが好調のようですね。

ウイリアムズ勢は開幕以来フリーでいいタイムですが本番となると

なぜか沈んでしまうのはなぜなんでしょう。。

TOYOTAが少し不調のようですね。

ヨーロッパに入って予想どおり他チームに追いつかれてしまったのか・・。

マクラーレンはデータが生きたのかハミルトンがいいですね。

フェラーリもトラブらなければいいとこくるかな


BMWは大失敗な感じですな。

マシンを大幅に変えてきたのが裏目にでてるような。。

やはりKARSとデフューザー問題が大きく響いたかな。


さて、今年のモナコGP どうなりますか。。





新型インフルエンザ対策 マスク通販

いろんなくるま情報
↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへにほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
毎年大荒れの開幕戦となるF1オーストラリアGPでしたが、今年は珍しく平和?に終わりました。

優勝はポールトゥウィンとなったフェラーリライコネン。
2位にはマクラーレンのアロンソ。
そして3位にはなんと!!新人のルイスハミルトン。

期待のスーパーアグリ佐藤琢磨は10位スタートでしたが12位で決勝を終えました。


決勝結果

1 6 K.ライッコネン フェラーリ 1:25'28.770 58 215.893 1
2 1 F.アロンソ マクラーレン・メルセデス 1:25'36.012 58 215.588 1
3 2 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:25'47.365 58 215.113
4 9 N.ハイドフェルド BMW 1:26'07.553 58 214.273 2
5 3 G.フィジケラ ルノー 1:26'35.239 58 213.130 4
6 5 F.マッサ フェラーリ 1:26'35.575 58 213.117 6
7 16 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:25'32.237 57 212.027 6
8 11 R.シューマッハ トヨタ 1:25'55.972 57 211.051 6
9 12 J.トゥルーリ トヨタ 1:26'03.643 57 210.737 7
10 4 H.コバライネン ルノー 1:26'04.110 57 210.718 7
11 8 R.バリチェッロ Honda 1:26'05.009 57 210.682 11
12 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1:26'09.506 57 210.498 9
13 15 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1:26'39.409 57 209.288 5
14 18 V.リウッツィ STRフェラーリ 1:26'46.364 57 209.008 14
15 7 J.バトン Honda 1:26'47.799 57 208.951 11
16 23 A.デビッドソン SUPER AGURI Honda 1:25'31.618 56 208.332 16
17 21 A.スーティル スパイカー・フェラーリ 1:26'43.931 56 205.437
--------------------------------------------------------------
17 A.ブルツ ウィリアムズ・トヨタ アクシデント 48 209.992 12
14 D.クルサード レッドブル・ルノー アクシデント 48 209.967 11
10 R.クビサ BMW ギアボックス 36 214.486 3
19 S.スピード STRフェラーリ ホイール 28 207.078 17
20 C.アルバース スパイカー・フェラーリ アクシデント 10 202.873


それにしても今年のF1はすごそうだ!!

まずは、フェラーリライコネン。
テストからの好調そのままのレースでした。
タイヤも問題なさそう。ひとつ心配なのはやはりマッサに起きたトラブルが今後ライコネンにもでないとは限らない。
でも、この時期のトラブルならまだなんとかなるだろうし、チャンピオン獲得が期待できますね。
やはり、マクラーレンの厳しい雰囲気から開放されたのがよかったのでしょうか(笑)
マッサはいいとこなくて少し株が落ちた感がありますな。ミハエル後ナンバー1をキープするにはかなりのプレッシャーなのでしょうか。。

そしてマクラーレン王者アロンソ。
まだ、マシン自体の仕上がりがいまいちとはいえ、ここぞという場面できっちりタイムをだし、順位を上げる辺りさすがですよねー。
マシンが仕上がってきたらライコネンと壮絶なバトルが期待できますよきっと。
それにしても驚いたのはチームメイトの新人ルイスハミルトン。
予選3位決勝3位。あのスタート直後の1コーナーをアウトからいくあの勇気と冷静さ!!
とてつもない新人ですねハミルトンて。落ち着いてできたという会見のコメントだったけど、最後にとはいえ、初レースで3位表彰台はうれしい。といった表情は普通の青年でいい感じでしたね~。
今年はちょっと注目してみたいと思います。

そしてスーパーアグリ佐藤琢磨。

去年とは大違いのすばらしいレースでしたねー。
まさに戦えるマシンを手にいけいけムードでしたがやはり少し完走狙いが響いたのかな。予選より2つポジションを落としてしまいました。
でも、耐久性もいいようだしスピードもあるし、次はひとつ右京さんがコメントしていた通り攻めちゃってほしいですね。
それにしても、ほんとにここまでいけるマシンを持ってこれたスーパーアグリチーム恐るべし。なにやらスパイカーがごちゃごちゃいってるようだけど、敵じゃないですよね(笑)

それにしてもホンダはどーしちゃったんですかねェ。
後半よくなってきたようですがやはりソフトタイヤとのマッチングがいまいちなのか。。
トヨタもいまいちキレがない感じ。
メーカーがもたついてるせいもあってスーパーアグリが余計によくみえたのかもしれませんね。
そう思うとほんとの戦いはやはりこれからということでしょうか。

かなり今年のF1は楽しみですね。


応援ください

激安タイヤ通販情報館
無料で廃車引き取りOK
くるま情報館




開幕を制したライコネン




SAF1




2007シーズン開幕戦のオーストラリアGPは、メルボルンのアルバートパーク・サーキット(1周5.303km)で、現地時間(以下、現地時間)3月16日に開幕。

いよいよはじまりました2007年F1世界選手権。
シューマッハが去ったF1は大変革となった。

各チームドライバーがシャフルされ、新人コバライネン、ハミルトンなど有力な新人も参戦。また、エンジン開発凍結、タイヤのワンメイクなどレギュレーション改正にともなってまったく予測できないシーズンインとなった。

とはいえ、限られたなかでのテスト状況では、一歩前にでた形のフェラーリではあったが、やはり本番予選でポール獲得となった。
ロスブラウン、ミハエルがいなくなってお家騒動が心配されたが、まずまずの様子。

セカンドローにはやはりきた王者アロンソ。
いまひとつ精彩に欠けたマクラーレンだったがここで本領発揮。さすがチャンピオンの力でねじ伏せたか。

驚いたのはやはりスーパーアグリF1チーム!!
まさかまさかの

10位 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'28.871 23
11位  23 A.デビッドソン SUPER AGURI Honda 1'26.909 12

まさかといっては失礼だが、新車発表がレースウイークでまさに去年と同じぶっつけ本番となったわけだが、10位11位と2台つけるとは誰が予想したでしょうか!!

これはすごい!!とはいえ、テストもびっちりできたみたいだし当然といえば当然なんですよね。これは期待できますが、トラブルが心配なところ。でも期待しましょう。

残念なのはHONDA。
いったいどうしたのでしょうか!?
この予選位置はちょっとシーズンスタートとしては致命的ですな。
果たして、セッティングで失敗しただけであればいいが、本来のポテンシャルによるものであったら今シーズンは厳しいかもしれませんね。
タイヤか・・エアロか・・。

明日決勝が楽しみですな。




予選結果

1 6 K.ライッコネン フェラーリ 1'26.072 17
2 1 F.アロンソ マクラーレン・メルセデス 1'26.493 19
3 9 N.ハイドフェルド BMW 1'26.556 21
4 2 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'26.755 16
5 10 R.クビサ BMW 1'27.347 19
6 3 G.フィジケラ ルノー 1'27.634 21
7 15 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1'27.934 23
8 12 J.トゥルーリ トヨタ 1'28.404 23
9 11 R.シューマッハ トヨタ 1'28.692 22
10 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'28.871 23
11 23 A.デビッドソン SUPER AGURI Honda 1'26.909 12
12 16 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'26.914 13
13 4 H.コバライネン ルノー 1'26.964 10
14 7 J.バトン Honda 1'27.264 14
15 17 A.ブルツ ウィリアムズ・トヨタ 1'27.393 13
16 5 F.マッサ フェラーリ 1'26.712 6
17 8 R.バリチェッロ Honda 1'27.679 9
18 19 S.スピード STRフェラーリ 1'28.305 7
19 14 D.クルサード レッドブル・ルノー 1'28.579 6
20 18 V.リウッツィ STRフェラーリ 1'29.267 6
21 21 A.スーティル スパイカー・フェラーリ 1'29.339 6
22 20 C.アルバース スパイカー・フェラーリ 1'31.932 7


また、フリー走行でF1デビューした中嶋一貴は1分31秒401の6番手で、上々のF1デビューを飾った。


応援ください

くるま情報満載くるま情報館

スーパーアグリF1チームは2日、3月12日に東京で予定されていたニュー

マシン、SA07の発表会を延期する旨のリリースを発表した。

詳細はこちら

yahoo


今年は準備万全かと思われたスーパーアグリF1チーム。

ここへきて新車の発表が遅れてるなぁと思っていたがやはり延期です

か・・

問題はやはりマシンシャシーなんでしょうか。

新車はHONDAのマシンをベースに・・というところで問題になって

いたが、先日同じシャシー問題で話題になりそうだったトロロッソがど

うみてもレッドブルと同じラインをもつシャシーで登場。

ということはシャシー問題ではないのか?

昨年型でテストを続けてはいますがぶっつけ本番は厳しい状況ですね。

まぁ昨年の5年落ちのマシンよりはマシでしょうが、トラブルを出しつ

くしたいこの時期にまだ新車がないというには・・

ドライバーの電撃移籍問題やらなかなかうまくいかないスーパーアグリ

だが、メーカー主体の今のF1。

よくここまでがんばってますよね。

世界で戦う日本代表なのに、日本の企業の応援がもう少しあればと毎年

思うが。。

とにかくF1開幕まであと少し。

どーなるんでしょうか。


くるま好きは押してね
自動車お役立ち情報 くるま情報館


ホンダニューマシン



HondaレーシングF1チームは2007年シーズン参戦に向け、環境をテーマにした新しいカラーリングとマーケティング手法を、現地時間(以下、現地時間)26日、プレスリリースを通じて発表した。このコンセプトには、「チームと、それをサポートしてくださる人々が一体となり、環境問題の解決のために取り組んでいこう」という力強いメッセージが込められている。

ルノー




2007年オフシーズン最終テストがスタートしたバーレーンで27日(火)午前、ヘイッキ・コバライネンは大クラッシュを喫したものの、無傷で済んだようだ。

25歳のコバライネンは、どういうわけかターン7でコントロールを失い、高速でスピンを喫しながらバリアに激突。自力でマシンを脱出したコバライネンの姿がカメラに収められている。

日本人初のフルタイムF1ドライバー中嶋悟氏の息子で、ウィリアムズのテストドライバーを務める中嶋一貴が、グランプリ期間中の金曜フリー走行に出走することをウィリアムズ首脳が示唆。現地時間(以下、現地時間)2日、“ロイター”通信が伝えている。
中嶋一貴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。